「乳幼児の歯と口の健康について」

2013/10/06 5:47 に 西部支部 が投稿
本日(10/6)西部支部第1回研修会が開催されました。1回目は「乳幼児の歯と口の健康について」いぬづか子供歯科クリニック院長の犬塚先生にご講演をいただきました。今の情報社会の中で、歯科に関する情報もたくさん収集することはできます。そういった中で何が大切なのかをお伝えするのが『専門家』の役割である。というお言葉にはっとしました。約2時間の講演のなかで、何回も「そうかー、なるほど」と思うシーンがありとても有意義な時間を持つことができました。今、高齢者のステージで摂食嚥下が注目となっていますが、食べること・飲み込むことの始まりは乳児なんですよね。食べる機能を育むことが、まずは健康への一歩とも言えるんだな、と改めて実感しました。44人の参加者(会員33人、会員外11人)の皆さまもそれぞれに得られた何かがあったのではないでしょうか。
次回は11月24日(日)「口腔粘膜疾患を見る目を持とう!」です。  支部長:伊奈
Comments