「認知症サポーター養成講座に参加して」~おおかわ発信

2016/02/23 22:56 に 東部支部 が投稿   [ 2016/02/23 22:58 に更新しました ]
2月16日(火)19時から
伊豆の国市韮山保健福祉センター
伊豆の国市商工会が主催で「認知症サポーター養成講座」が
開催されました。
広報に掲載されているのを見て、
「私ってきちんと認知症について勉強したのかな」と疑問に思ったのと
あのオレンジバンドが欲しかったので参加しました。
会場は超満員!120か130人いたかも。


講座の内容(一部)

1、講座の主旨

『高齢者が積極的に社会活動に参加し、生き生きと住み慣れた地域で安心して暮らして続ける伊豆の国市』

をテーマに認知症理解の普及活動。

『認知症』という病気にかかってしまった方と、その家族が安心して暮らしていけるような地域を作るために、

多くの地域住民が認知症を正しく理解することが重要。


2、認知症の方の人数

 国の指標   2010年 280万人 → 2025年 730万人

 伊豆の国市 2015年介護保険認定を受けている方  1974人 何らかの認知症を有する方 1221人


3、認知症とは

  いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったために様々な障害が起こり、生活する上で

  支障が出ている状態(およそ6ケ月以上継続)を指します。

  ・変性疾患  アルツハイマー型 5~6割 ・レビー小体病、前頭、側頭型 1割

  ・脳血管性  脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化など  2割 

  残り1割の方は治る


4、認知症の症状

  *記憶障害*見当識障害*理解、判断力の障害*実行機能障害*感情表現の変化*不眠・妄想*暴力・暴言

  *異食*幻覚*俳諧*不穏*介護の拒否*抑うつ状態等々


5、認知症と物忘れの違い

    認知症               物忘れ
 体験のすべてを忘れる     体験の一部を忘れる

 物忘れの自覚が無い      物忘れの自覚がある

 親しい人やよく行く場所が   親しいひとやよく行く場所は忘れない
 分からなくなる 
 性格に変化がある        性格は変わらない

 自分の今いる場所や       自分のいる場所や時間が分かる
 時間が分からなくなる


6、認知症の人との接し方 

 ★驚かせない

 ★急がせない

 ★自尊心を傷つけない
 さりげなく自然に、、、

認知症予防10か条


伊豆の国市では市内の中学1年生全員が認知症サポーターになっています!すごい!
(支部長・おおかわ)
Comments